困ったときの漢方薬

当院での治療は、西洋医学が基本です。しかし、西洋医学の薬剤も万能ではありません。対応できない、適応となる薬剤が見当たらないといったことがしばしばあります。各種検査を受けても異常はなく、病気と診断されませんが、それでも体調が悪い、症状が改善しないといった場合です。

西洋医学は診断が重視され、診断に基づいた治療になりますので、個別の症状にあった薬剤については苦手です。このようなに場合に期待できるのが漢方薬です。こちらの期待以上の効果を発揮することもあります。その他西洋医学の補助的な役割を期待し併用することもあります。

現在、医療用として保険診療で認められている漢方薬は、148種類にも及びます。
漢方薬は、副作用が少ないのが特徴とされ、大人はもちろんのこと、小児にも広く使用されつつあります。副作用が少ないといっても、正しい飲み方をしないと副作用が現れることもありますので、医師の指導のもとに服用するのが望ましいです。

漢方の適応となる疾患・症状

お子さんやママにこのような症状がある場合は漢方が使えますので、お気軽にご相談ください。

お子さん

  • 夜泣き
  • ぜんそく
  • 虚弱児
  • 反復性臍疝痛
  • 起立性調節障害
  • 乗り物酔い

その他にも

  • 夜驚症
  • チック
  • 多動症
  • 心因性喘息
  • 心因性頻尿
  • かぜをひきやすい・感染を繰り返す
  • 過敏性腸症候群
  • 反復性嘔吐症
  • 便秘症
  • 小児の肛門周囲膿瘍
  • 水いぼ
  • 抑うつ症状
  • 思春期の生理痛

など

ママ

  • 肥満症
  • 疲れやすい
  • イライラ・不安・抑うつ
  • 月経異常
     (月経不順・月経痛・過多月経)
  • 肩こり
  • 更年期障害
  • こむらがえり
  • 不眠症

その他にも

  • 過敏性腸症候群
  • 食欲不振・胃もたれ
  • 便秘症
  • 冷え症
  • めまい
  • 月経前緊張症
  • 産後の回復不全

など

上記症状でお悩みの場合、ご相談ください。

ちどりこどもクリニック

お知らせごあいさつプロフィール診療時間・診療科目予約システムクリニックの特色予防接種乳幼児健診